セミナーのお申し込み

セミナーのお申し込み

AIをビジネスに活用したい全ての方へ

あなたのビジネスにAIを。

アセスメント人材育成コース

assessment seminar

本コースはABEJA社とコラボレーションした、
AI活用プロジェクト実務体験型講座です。

アセスメント人材育成コースとは?

世界的にAI活用が当たり前になりつつある中、日本のAI(機械学習)導入率は3%未満と、AI活用が全く定着していないのが実情です。
このような負の状況を解消しAI活用が社会に根付く鍵となる「アセスメント人材」の育成を目的に、AIの社会実装を一気通貫で対応しAI業界をリードしている「株式会社ABEJA」とコラボレートしたAIプロジェクトを実体験できる先進的なコースです。

アセスメント人材とは?

AI活用の"旗振り役"として必要な次の素養を有する人材を「アセスメント人材」と独自に定義しています。

AIの技術特性を理解している

AIの技術特性を
理解している

細かな数学的理論を学ぶ前にまずおさえるべきは「AI(機械学習)は何ができて何ができないのか」という本質の部分となります。その上で利害関係者の同意を得るための素養として機械学習の仕組み、AI活用の全体像、AI特有の難所など、AIに関する基礎的かつ体系的な知識を順に身に着けていく必要があります。

ビジネス課題に対してAI活用を通して解決に導く構想を描ける

ビジネス課題に対してAI活用を通して解決に導く構想を描ける

AI活用は「業務改善」から入ることが導入障壁も低くお勧めです。そこで必要となるのが自社業務の知見(いわゆる「ドメイン知識」)に基づく発想力/構想力となります。またビジネスとして行う以上は、投資対効果の観点を加味しつつ関連する法律にも留意するなど総合的な素養が必要となり、それらの素養を結集して具体的な企画(書)まで落とし込む必要があります。

AI活用の'旗振り役'としてプロジェクトを推し進めていく力

AI活用の'旗振り役'としてプロジェクトを推し進めていく力

AI活用を成功に導くためには(社内外問わず)各種エンジニアと密に連携しながら各工程のタスクをこなしていく必要があります。そこで必要となるのが各種AI系技術職の作業内容及びAI特有の辛みを理解し適切にディレクション役を担える素養となります。

習得可能スキル

AIの技術特性を理解する

AIの技術特性を理解する

本コース1日目は「G検定公式テキスト」「AI白書」を教材に座学と実践を効果的に組み合わせて体系的かつ効率的に"AIの技術特性"を学んで頂くカリキュラムとなります。

AI活用時の実タスクを理解する

AI活用時の実タスクを理解する

本コース2日目はエンジニア向け機械学習プラットフォーム(PaaS)である「ABEJA Platform」を用いてAIプロジェクト実務をワークショップ形式で体験頂きます。これにより"AI活用の全体像と難所"を効果的に学んで頂くことができます。

JDLA「G検定」受験レベルの知識を得られる

JDLA「G検定」受験レベルの知識を得られる

あくまで実務において必要となる情報を厳選かつ体系的にお伝えしますが(テキストを網羅的に学ぶことはしません)、初学者では理解しにくい機械学習アルゴリズムの仕組みを数学の知識を使わず、かつキカガク流「手書き」講義を駆使し分かりやすくお伝えします。

プロジェクトの法律・投資対効果・発想力/構想力の土台を形成

AI活用において適切な課題設定ができる

構想段階で必要な「課題設定」「企画書作成」までの思考法をAIの技術特性を踏まえながら分かりやすく伝授します。問題抽出から企画書作成までシステマティックに対応できる方法をお伝えするほか、投資対効果の計り方についても言及し、構想段階(上流工程)で必要な複合的な素養の土台を形成して頂きます。

受講前に、AIの今がわかる
資料をプレゼント

アセスメント人材育成コースをご検討の方に、資料「AI活用の失敗はなぜ起きるのか?〜アセスメント人材の育成目的〜」を無料でプレゼントしています。

  • 1. 日本のAI活用はどこまで進んだか
  • 2. AI活用が実現しない企業の特徴
  • 3. 最も重要視すべき「構想フェーズ」
  • 4. 構想フェーズを担うアセスメント人材とは
  • 5. アセスメント人材に必要なスキル
  • 6. 学習カリキュラムの紹介

カリキュラム

1日目

2日目

AIの技術特性を知る日

10:30 - 11:30

イントロダクション

会社案内

自己紹介

実施背景

カリキュラム案内

11:30 - 12:00

座学(理論)

AIとは

AIの歴史と問題

AIの分類

AIができることできないこと

AIが成果を生むようになった理由

12:00 - 13:00

昼休憩

13:00 - 13:50

ハンズオン(実践)

Microsoft Custom Vision

13:50 - 14:00

休憩

14:00 - 14:50

座学(理論)

機械学習とは

機械学習の仕組み

機械学習の類型

代表的な学習手法

手法の評価

14:50 - 15:00

休憩

15:00 - 16:00

ハンズオン(実践)

Microsoft Azure ML

16:00 - 16:10

休憩

16:10 - 17:00

座学(理論)

深層学習とは

代表的な学習手法

17:00 - 17:10

休憩

17:10 - 18:00

座学(まとめ)

総まとめ

【キカガク流】手書き講義の風景(ニューラルネットワークの解説)

顧客属性分析AIを模擬プロジェクトで作成
 ※「ABEJA Insight for Retail」の一機能を題材に構成

「ABEJA Platform」を用いたアノテーションの作業風景

AIプロジェクトを体験する日(ABEJA Platformを使用)

10:30 - 11:00

イントロダクション

2日目のゴール

AIの技術特性

AI活用の全体像

11:00 - 11:20

AI導入の成功事例

ABEJA Insight for Retailの導入事例紹介

11:20 - 12:00

AI活用の企画構想

課題設定の3つのポイント

構想全体を可視化

企画書作成のポイント

12:00 - 13:00

昼休憩

13:00 - 14:30

模擬プロジェクト①(PoC1回目)

ABEJA Platformの説明

チームビルディング

企画書作成

データ収集、アノテーション作業

AIにデータを学習させる

AIの予測精度を検証

14:30 - 14:40

休憩

14:40 - 16:00

模擬プロジェクト②(PoC2回目)

データの質・量の観点からPoC1回目を分析

追加でデータ収集、アノテーション作業

AIにデータを学習させる

AIの予測精度を検証

エッジデバイスで予測を実施

16:00 - 16:10

休憩

16:10 - 17:40

模擬プロジェクト③(PoC3回目)

エッジデバイスで予測を実行した結果を分析

データに加えるべき「前処理」を考察

前処理後のデータをAIに学習させる

エッジデバイスの予測結果を分析

企画の実現可能性を検証

検証結果を元に企画書を修正

17:40 - 18:00

質疑応答、修了式

【キカガク流】手書き講義の風景(ニューラルネットワークの解説)

顧客属性分析AIを模擬プロジェクトで作成
 ※「ABEJA Insight for Retail」の一機能を題材に構成

「ABEJA Platform」を用いたアノテーションの作業風景

セミナーについて

経験豊富な講師陣

事業開発
兼 財務責任者
多森 康二

プログラミングを用いた素粒子物理シミュレーション専門。座学で終わってしまいがちなプログラミング学習に留まらず、組織運営や上場企業での経理・ファイナンスといった、実ビジネスの現場経験に根差した技術の活用方法の普及に注力しています。

事業開発
兼 組織開発責任者
花本 瞬

元士業。中堅Slerの一人法務部・社長室を経てキカガクの教育事業に参画しました。今は、AI導入時のビジネスインパクトに魅せられ、ビジネスにAIを活用するための方法論の研究及び普及に邁進しています。

講師
一花 徳行

短期セミナー・法人研修講師を担当しています。もともと学習塾を行っていた経験から教育に関しては人一倍の熱意があり、「何もわからずおいてけぼりにされた」という事のないセミナーを目指しています。AIが当たり前になる世界を作りましょう!

開催スケジュール

開催地域

日程

日程・開催時間

開催時間

開催場所

会場

  • 神田

    26日 - 27日

    10:30 - 18:00

  • 神田

    26日 - 27日

    10:30 - 18:00

  • 神田

    24日 - 25日

    10:30 - 18:00

受講内容

講義

料金

150,000円/名 (税別)

本研修で使用する教材(G検定公式テキスト・AI白書)はお客様自身で事前購入をお願いしております。なお、研修当日に販売(定価)も行っていますので、事前購入が難しい場合は、当日研修会場にてお買い求めください。

備考

PC持参、G検定公式テキスト・AI白書の事前購入が必要

アクセス

東京都千代田区内神田 3-2-9 SPビル 4階

山手線 神田駅 徒歩3分

東京メトロ丸ノ内線 大手町駅 徒歩11分

総武本線 新日本橋駅 徒歩8分

受講料金

アセスメント人材育成コース

料金総額:168,912円(税込み)
・本コース受講費用:162,000円(税込み)
・教材『G検定公式テキスト』:3,024円(税込み)
・教材『AI白書2019』:3,888円(税込み)
※AIダイジェストコースをご受講された方
本コース受講費用を108,000円(税込み)で2日目からご受講可能です

備考当日は次の2つの教材の持参が必要となります
・『G検定公式テキスト』
・『AI白書2019』
※研修当日に定価販売もしています

ノートPC持参
※ネットワーク環境は用意しています
※お弁当(お茶込み)の用意もあります

PC持参 当日PCをご持参できない方は、弊社で用意したWindowsPCを使ってご受講いただけます。

フォーム

はじめに「セミナーのお申し込み」か「セミナーに関するお問い合わせ」のどちらかを選択してください。
セミナーのお申し込み
セミナーに関するお問い合わせ
希望スケジュール
必須
お名前
必須
会社名
※法人の場合入力必須となります
電話番号
必須
当日使用可能なメールアドレス
必須
郵便番号(7桁)
必須
都道府県
必須
住所1
必須
住所2
申込区分
必須
参考図書の購入方法
必須
「AIダイジェスト講座」受講状況
必須
キカガク用意のWindowsPCの使用
必須

プライバシーポリシーはこちら
お名前
必須
お名前(ふりがな)
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
お問い合わせ内容
必須

プライバシーポリシーはこちら

キカガクマガジンを購読する

AIの最新情報が1分で読めるメールマガジンを毎週お届けします。